日本に暮らす難民に、人権など、ない。

今回は日本に暮らす難民の状況について紹介します。

難民受け入れに積極的なドイツやカナダは、難民申請者の約40%に対して認定を行っています。イギリスでもその割合は30%以­上。

しかし日本では、認められるのはたったの0.2%

しかも判断を待つ間の扱いは過酷です。

日本に逃れてきた難民たちは、その時点では日本政府に認められた「難民認定者」ではありません。彼ら、彼女らはまず、「難民申請者」として、難民審査の結果を待たなければなりません。審査の結果が出るまでにかかる時間は平均3年。10年近くかかることもあります。

 

平和な暮らしを求めて日本へと逃れてきた彼ら、彼女らを待ち受けているのは、刑務所にいるような毎日。

鉄製の扉が備え付けられた、雑居房のような部屋。窓は鉄格子で塞がれていて、外を見ることは出来ません。そんな空間に5、6人の難民が、一日で最大15時間閉じ込められます。

難民認定審査中にもかかわらず、自ら国へ帰るように日々圧力をかけられます。国にいては危険だから、日本に避難してきたというのに。

BBCニュースの動画では、実際に収容施設の様子を見ることが出来ます。(日本語吹替)

 

この難民収容問題に関して、弁護士へのより詳しいインタビューはこちら

そもそも収容は正当化され得ないこと。

どんな症状を訴えても常に同じ薬が支給されること。その結果重篤になると仮放免され、自費で治療するしかなくなること。

糖尿病などの慢性疾患へのケアも行われていないこと。

小さい子供とシングルマザーであろうとも、強制的に切り離して収容されること。

とても衝撃的なことが語られています。これは日本で起こっていることなのです。是非ご一読ください。

 

「和の手を世界に」では、Twitterにて、毎日難民関連のニュースをシェアしています。

さらにInstagramでは、メンバーが難民キャンプにて撮影した写真を投稿しています。

両方ともぜひフォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です