ドイツで大人気!!難民ユーチューバーを紹介- 難民ニュースまとめ vol.28 (12/12-12/14, 12/26-12/31)

読者のみなさん、明けましておめでとうございます!

今年は年男、メンバーのアンドレです。

昨年5月にこのサイトを始め、気づいたらアクセス数は2万3000件を越えました!

今後も、みなさんに知ってもらいたい難民関連の情報をドンドン発信して参りますので、今年も「和の手を世界に」をどうぞよろしくお願いします!

今年は僕自身にとってもとても大切な年になるので(サイトの趣旨にも関係しますので、いずれ発表したいと思ってます)、精一杯、全力で楽しみ尽くしたいと思います!

最初の記事は、2週間ぶりに書く「難民ニュースまとめ」のコーナーです。

予告なしに勝手にお休みをいただいてましたが、また再開していきます!

 

難民ニュースまとめ

12/14 (月)

12/15 (火)

12/16 (水)

12/26 (月)

12/27 (火)

12/28 (水)

12/29 (木)

12/30 (金)

12/31 (土)

 

今週のピックアップ!

今週は、12月半ばに投稿した件の記事も含め、ツイッターでは9件の記事を紹介しました。

今回はその中でも、12/16に紹介した、ドイツ、ベルリンを中心に活躍する難民ユーチューバーについて紹介したいと思います!

 

ドイツで大人気!難民ユーチューバー2組を紹介!

今回は、記事で紹介されていたフィラス・アルシャタさんも含め、2組の難民ユーチューバーを紹介します!

 

Zukar:フィラス・アルシャタ

最初に紹介するのは、Zukarというユーチューブチャンネルで活躍する、フィラス・アルシャタさんです。

フィラス・アルシャタさん ©Zeit Online

見てください、この愛らしい笑顔!

フィラスさんは2016年1月、Zukar(砂糖)という彼のユーチューブチャンネルを開始し、話題を呼びました。

そんな彼の最初のビデオがこちら↓↓(英語の字幕付き)

ここで彼は、アレッポの出身である事、そして刑務所にいれられたことを述べ、難民になった経緯を紹介しています。

そして辿り着いたドイツ、ベルリンにおいて、「ドイツ人がどのような人々なのか、をフリーハグという形で調査してみよう」ということをまず行いました。

ドイツ人の反応は?そして彼がそこから導き出した答えとは?

彼はその後も、テロといったシリアスなテーマや、シリアの文化の紹介、ドイツの文化への驚き、といった様々なテーマでビデオを作成し、難民とドイツ人の近づけようと発信を続けています。

彼の動画はドイツ語ですが、英語の字幕もついてますので、ぜひ他の動画も見てみてください!

最初はカタコトだった彼のドイツ語も、この1年動画を重ねるごとに上達していっており、それを見るのも個人的な楽しみです。笑

Zukarのユーチューブチャンネルは ⇒ こちらから

 

GermanLifeStyle

2組目は、アブドゥル・アッバシさん(アレッポ出身)とアッラー・ファハムさん(イドリブ出身)。2人のシリア難民が行っている、GermanLifeStyleというチャネルです!

GermanLifeStyle ©GermanLifeStyleのFBページより

このチャンネルは、先のフィラスさんのZukarと比べると、「本格派」と言えるかもしれません。

笑いを混ぜることも多いですが、それよりは社会実験難民関連の政治問題に対する主張、あとはドイツの語のレッスンも行っています。

一つの例↓↓ラマダン(イスラム教徒の断食月)において、喜捨としてホームレスに食事を配る様子。(本編は1分36秒ほどから)

 

そしてこのGermanLifeStyle、昨年ドイツ社会へのインテグレーションを促進させた外国人に贈られる”Integration Prize 2016″を受賞しました!

メルケル首相と並ぶ2人。 – Integration Prize 2016の授賞式から ©Bundesregierung/Eckel

2人の内、アブドゥルさんの方は現在ゲッティンゲン大学で学んでいますが、彼はドイツのテレビ番組に出演し政治家と議論したり、昨年10月にドイツ東部ザクセン州で爆弾テロを計画していたシリア人のジャバル・アルバクル容疑者の情報をドイツ語からアラビア語に訳し、FB上に拡散して、結果的に容疑者の逮捕に繋がった、というお手柄もありました。

事件に関しての詳細はこちらの記事を参照 ⇒ CNN 「テロ計画容疑でシリア難民の男逮捕、ISISと関連か」

動画自体はドイツ人とシリア人を対象としているため、英語の字幕などは残念ながらありませんが、その他にも、「シリア人とドイツ人であいさつの仕方がどう違うか」や、「シリア人が食事をどのように渡すか」「ドイツ人が差別的発言を見たらどう反応するか」など、すごく興味深い内容がユーモアを交えて発信されています。

ドイツ語が分かる方は、ぜひ見てみてください!

GermanLifeStyleのユーチューブチャンネルは ⇒ こちらから

 

インテグレーションとは何か?

難民を社会に受け入れる上で、「インテグレーション」という言葉がいつもキーワードになります。

日本語では「統合」という訳になりますが、日本語であるニュアンスのように、入ってくる人が社会に対し溶け込む。これがインテグレーションの示す意味だとは僕は思いません。

僕は「入ってくる人、元からいた人、これら両者が歩み寄り、お互いの文化を尊重し、そこで落としどころを探る」これがインテグレーションあるべき形であり、多様性を受け入れられる社会ではないか、と考えます。

これら2組のユーチューバーたちは、ドイツの文化やシリアの文化を紹介する傍ら、自分たちがそれに対してどう感じているかを毎回発信しています。

僕が考える、「相互の溝を埋め、歩み寄りによるインテグレーション」のために、彼らの発信している情報や意見はすごく有益なものとなるでしょう。

今日は以上です!

みなさんの2017年が素晴らしいものになること、メンバー一同願っております!


「和の手を世界に」では、Twitterアカウントにて、毎日難民関連のニュースをシェアしています。

さらにInstagramアカウントでは、メンバーが難民キャンプにて撮影した写真を投稿していますので、両方ともぜひフォローをお願いします!

Facebook ページへの「いいね!」での応援、ページのシェアもよろしくお願いします!

Twitter: http://twitter.com/#!/wanotewosekaini
Instagram: https://www.instagram.com/japan4refugees/
Facebook: https://www.facebook.com/wanotewosekaini/

アイキャッチ画像:http://kigyo-ka.com/00283/ より転用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です